*

2015年1月

フラッシュモブの実施例

フラッシュモブをやりたいと思っても、

実際にやった場合にどうなるかというのは少し不安です。

 

そういう不安を和らげるためにも、

フラッシュモブの実施例を

確認しておくと良いのかなと思いました。

 

例えば、こことかにあります。

http://www.penebakerent.com/example/

 

こういうのを見ておけば、どういう雰囲気なのか分かりますし、

代行会社を選ぶ参考にもなりそうです。

ちゃんとチェックしておけば、

失敗しないで成功する事が出来るのかなと思いました。

 

参照:www.wanpug.com/illust/illust3921.png


ちょっと待って、その歯医者の噂は新しいものですか

手先が不器用だった○○くんの歯医者には行きたくないと、実家で親がよく言っていました。恐るべし、同級生の記憶。歯医者さんやお医者さんが不器用だったら確かに困りますよね。でも不器用だからこそ、練習を一生懸命したかもしれないし、失敗しないように丁寧に治療をしているかもしれませんよね。もしかしたら経営に回っていて自分で治療はしていないかもしれないし。

 

直近で評判の歯科です

 

洋服や靴は自分に合わないと思ったら買わなくてもいいし、もし勢いで買っちゃったとしても誰かにあげるなりすればいいですよね。でも歯医者や医者は、自分が実際に治療を受けて決めるしかないわけで。ちょっとした博打感がありますよね。だからみんなどこの病院がいいか噂するんでしょうね。ただ、情報と言うのは常に入れ替わるので色々アンテナを張ってなくてはなりませんよ。


流行で終わらずに定着しそうなココナッツオイル

日本人は(特に女性は)流行りものが好きですよね。モデルで流行中、女優がやっていると聞けばすぐに飛びつくイメージがあります。そして、何より弱いのがハリウッドセレブという響きです。セレブな上にハリウッドですからね。でも頻繁にハリウッドで流行とか聞きますから、ハリウッドセレブ達も飽き性なんですかね。

 

ココナッツオイルの効果が知りたい方はこちら

 

そんなハリウッドセレブ達も注目しているのがココナッツオイルです。美容にもダイエットにも良いとのことです。塗ってよし食べてよし飲んでよし、と何だか使い道がたくさんありそうですね、ココナッツオイル。食べる系の流行は味がダメだったり調理法が面倒だったりで続かない場合もありますが、塗るだけなら流行に留まらず定番になる可能性も大ですね。


ハウスクリーニングは年明けの今が狙い目かもよ

年末といえば、大掃除です。恐らく掃除グッズも売れに売れたことでしょう。ハウスクリーニングの申し込みも殺到したかもしれません。

 

ハウスクリーニングは今ですよ!

 

最近では、温度が高い方が汚れが落ちやすいとかで夏に大掃除をするのが流行っていますね。夏もハウスクリーニングは儲かったかもしれません。ベランダ掃除とか自分でやるには暑いですしね。ということは、年明けや秋頃にはハウスクリーニングは空いているんじゃないでしょうか。いや、秋は年末混む前にと思って頼む人がいるかもしれないので、年明けの今がチャンスなのでは。そんなせこいことを思って検索していたら、年末の掃除が間に合わなかった人向けにキャンペーンやっている所がありました。なんか同じ考えで嬉しいですね。同じ考えつながりで頼んでしまおうかしら。


不許可事由

免責不許可事由というものは破産申告の申立人を対象に、これらのリストにあたっている人は借金の帳消しは認可できませんというラインを表したものです。

 

つまりは、極端に言えば弁済が全く行き詰った状況でもこれに該当している場合借り入れのクリアを認められない場合もあるとなります。

 

破産手続きをして、負債の免責を要する方にとっての最大の難関が「免責不許可事由」ということになるわけです。

 

これらは骨子となる不許可事由となります。

 

※浪費やギャンブルなどで、著しく財を減らしたり過大な債務を負ったとき。

 

※破産財団となる信託財産を隠匿したり壊したり貸方に損失となるように手放したとき。

 

※破産財団の負担額を悪意のもとに増やしたとき。

 

※破産手続きの責任を負うのにそれら貸し手に特別の利権をもたらす意図で金銭を提供したり、弁済期前にお金を弁済した場合。

 

※前時点で弁済不能の状態にもかかわらず現状を偽って債権者を信じ込ませて続けて借金を借り入れたりカードなどにより高額なものを買った場合。

 

※虚偽による貸し手の名簿を機関に提出した場合。

 

※債務免除の申し立てから過去7年のあいだに免除をもらっていたとき。

 

※破産法が要求する破産申告者の義務内容を違反する場合。

 

以上の8点に該当しないのが免除の要件と言えますが、この概要だけで実際のケースを思いめぐらすのは、多くの知識がないなら簡単なことではありません。

 

また、判断しずらいのは浪費やギャンブル「など」と記載されているので分かりますが、ギャンブルはそれ自体数ある散財例のひとつでほかに実際例として述べていない状況がたくさんあるということなのです。

 

具体的に述べられていないことはそれぞれの状況を定めていくときりがなくケースとして定めきれなくなるようなときや、今までに出た裁判の決定によるものが含まれるので、それぞれのケースがこれに当たるのかはこの分野に詳しくない人には一朝一夕には見極めが難しいことがほとんどです。

 

いっぽう、自分が免責不許可事由に該当しているものとは夢にも思わなかったような時でもこの判定がいったん出されてしまえば判断が無効になることはなく負債が残ってしまうばかりか破産申告者としてのデメリットを7年にわたって背負い続けることになってしまうのです。

 

だから、免責不許可という最悪の結果を回避するために、破産の手続きを検討している段階において難しいと感じるところがあったら、経験のある弁護士に声をかけてみて欲しいのです。

 


結婚式に考えるフラッシュモブ

結婚式にフラッシュモブを考える人もいるみたいです。

こことか見て知りました。

http://www.ramos-horta.org/0831happy/

 

幸せのサプライズと言う感じで、

見ていて良いなと思ってしまいました。

 

こういう時のサプライズが成功すると

感動するんだろうなと思いました。

 

ちょっとしたことでも良いですが、

どうせなら、これぐらい凄い事をやってみたくなる気はします。

 

こっそりと準備しているのも

意外と楽しいのかなと思ったりしました。

やってみたくなります。

 

参照:azukichi.net/img/music/onpu374.jpg


多様化するライフスタイル

女性のライフスタイルは時代とともに多様化してきています。家にいる専業主婦から共働きの家庭が増えたり、また婚期も晩婚化が進んできています。ですので女性の生き方は時代とともに、大きく変わってきていることは確かです。それに影響されるように少子高齢化が進んできていますので国家の財源でもある将来の年金に不安の影を落としています。

 

しかし、固定概念に縛られずに自由に生きてゆけるのは素晴らしいことです。そしてもっと女性が活躍できる世の中を整えていかなくてはいけません。結婚しても独身でも生きていきやすい輝ける制度を確立して欲しいです。そしてもっと世の中の動向や経済、いいかえれば、生活の基盤となる年金や保険などについて強くならなくてはいけません。

ルミガン・ジェネリックの決定版


夢で終わらせない理想の家

理想の家なんてのを思い描いている人は多いと思いますが、

どれだけの人が実現出来ているのかなと思う事があります。

 

現実的には、住宅ローン審査の関連で

諦めないといけない事も多いのかなと思いました。

 

でも、そういう理想の家を

夢で終わらせないために出来る事もあるそうです。

 

自分に合ったより良い住宅ローンを

見つけるというのもひとつの方法なのかなと思いました。

 

諦めきれないのであれば、相談できるところに

とりあえず相談してみると良いのかなと思いました。

 

参照:housing-free.com/material/160.png